宅建の年収

【資格をどう活かして年収アップに繋げるかがカギ!】

働く人間にとって、年収が上がるかどうか、というのはとても大切なこと。

では、宅建を取得することによって、年収はどう変わるのでしょうか。

宅建を推奨している企業では、宅建を取得するとまず5,000円~3万の資格手当が付きます。この金額は企業によって異なり、大企業ですと取得してあたり前と考えられるため、資格手当すら付かない企業もあります。

とはいえ、ほとんどの中小企業では資格手当が付きますので、それだけで年収アップに繋がりますね。

それだけはありません。宅建を取得したことによって、評価が上がったり、昇格・昇給のチャンスも見込めるでしょう。

宅建は、取得したことによって、年収が大幅にアップするような資格ではありません。宅建をどう活かすかがカギを握っているのです。

宅建をうまく利用して年収アップ!

では、宅建を利用して稼ぐためにはどうすればよいのでしょうか。
これはやはり、個人の実力をアップしていくしかありません。

不動産業界は、基本給+歩合制という企業が多く、自分の成績次第で年収アップも大いにあります。宅建の資格があることによってお客さんから信頼され、結果的に営業に繋がるのです。

自分がお客さんだと思って考えてみてください。
どちらの営業マンに担当になってほしいですか?

①不動産の知識があって、宅建主任者の資格を取得している営業マン。
②不動産の知識はあるが、宅建主任者の資格がない営業マン。
ほとんどの人が①を選ぶでしょう。

宅建のみならず、資格をどう活かすかは自分次第。
資格があるから年収アップとは安易に考えないでくださいね。