国家資格取得のための勉強法

【社会人に最適な勉強法は、ダンゼン通信教育!】

国家資格を取得するための勉強法としては、
●専門学校や大学院
●独学
●通学講座
●通信教育
などがあげられます。

例えば、公認会計士や弁理士、税理士といった超難関資格は、資格スクールや予備校などの通学講座でみっちり勉強しなくては、まず合格は不可能ですし、逆に、食品衛生管理者は講習を受けるだけで取得できます。

上記の資格は、レベルが違いすぎましたが、みなさんが悩むのは、難易度★★★~★★レベルの資格を取得しようとした場合の勉強法なのではないでしょうか。

資格は短期間で取得するのがベスト

基本的に国家資格のみならず、資格というのは短期間で取得しなければ意味がありません。資格は持っているだけでは何の役にも立たないのです。
取得して、実務を行ってこそ、はじめて資格の意味があるのです。

「独学で不合格だったから、通学講座や通信教育を受験する」のも手ですが、それでは遠回りになってしまいます。

独学は、自分でテキスト等を選び、自分でスケジュールを作って勉強しなければならないので、簡単な試験でない限り、挫折してしまうのがオチです。

あなたが独学か、通信教育または通学講座で悩んでいるのであれば、まずは独学を消去することをおすすめします。

社会人には通信教育

では、通信教育と通学講座、どちらの方がよいのでしょうか…。
はじめに書いたとおり、公認会計士のような超難関資格を取得するのであれば、別ですが、社会保険労務士や行政書士、宅建などの国家資格は、通信教育で十分合格できる試験です。

社会人が仕事をしながら、資格スクールや予備校などの通学講座に通うことはとても困難ですので、社会人には自分のペースで勉強ができる通信教育をおすすめします。