国家資格 難易度&就職・転職に強いランキング

【難易度&就職・転職に強い国家資格ランキングをチェック!】

数ある国家資格の中で、自分に合った資格を選ぶのは、なかなか難しいもの。そこで、みなさんが気になる「国家資格の難易度ランキング」と「国家資格の就職・転職に強いランキング」を紹介しましょう。

【国家資格の難易度ランキング】

第1位
新司法試験
公認会計士

第2位
弁理士
司法書士

第3位
税理士
不動産鑑定士

第4位
医師国家試験
一級建築士

第5位
社会保険労務士
通訳案内士

資格取得までの平均的な学習時間をもとにランキングしてみました。
第1位の新司法試験や公認会計士に合格するには、学習時間は4000時間以上、期間にすると最低2年以上は、予備校等に通って勉強しなくてはまず厳しいと思います。学力が平均レベルの人はまず手を出してはいけない資格といえそうです。

やっと手を出せるのが第5位の社会保険労務士あたりでしょう。
とはいえ、難易度はとても高いのでそれ相当の覚悟を持って学習してください。

【就職・転職に強い国家資格ランキング】

第1位
宅建

第2位
日商簿記検定2級以上(民間資格ですが…)

第3位
介護福祉士

第4位
ITパスポート

第5位
社会保険労務士

宅建は、不動産業界のみならず、金融業界や一般企業でも有利に働くので、取得しておいて損はありません。また、民間資格ですが、日商簿記検定は」経理部や会計事務所等の事務員などで活躍できます。
この2つは、圧倒的に就職や転職に強いといえますね。

注目なのは5位の社会保険労務士。企業内だったら総務部や人事部、また独立開業することも可能なので、幅広く活躍できます。