簿記2級の合格率&難易度

【独学で簡単に合格できるなんて大間違い!侮ってはいけません】

ビジネス資格のひとつである、簿記2級はどれくらいの難易度なのでしょう。
合格率をもとに調べてみました。

過去10回の合格率(簿記2級)
年度 受験者数 合格者数 合格率
平成26年度2月 55,960人 23,254人 41.6%
平成25年度11月 60,377人 13,601人 22.5%
平成25年度6月 42,703人 5,920人 13.9%
平成25年度2月 57,898人 27,538人 47.6%
平成24年度11月 61,796人 14,149人 22.9%
平成24年度6月 48,341人 14,834人 30.7%
平成24年度2月 53,404人 16,808人 31.5%
平成23年度11月 64,052人 28,489人 44.5%
平成23年度6月 52,546人 18,229人 34.8%
平成23年度2月 66,838人 21,653人 32.4%

これを見るとわかるように、下は13%台、上は40%台とかなりバラつきがあります。合格率だけだと、簿記2級の試験は難易度が高いのか低いのかがわかりませんよね?
では、なぜこんなにの合格率に差があるのでしょうか。

簿記2級の合格率が下がる原因

●独学でチャレンジする人が多い。
簿記2級で出題される内容は、簿記3級の勉強をしてからでないと、解けません。簿記3級は簿記の初歩なので、独学でも合格することは可能ですが、簿記2級になるとグンと難易度が上がります。

簿記3級を独学で合格した流れで、簿記2級も独学でチャレンジする人が多いために、結果的に合格率が下がってしまうのです。

●しっかり試験勉強していない人が多い。
簿記2級には受験資格がない上に、試験はあまり難しくないと思われがち。
そのために、十分に試験勉強をしていない人が受験するケースが多いのです。

簿記2級は、試験全体の70%以上を得点できれば合格できる試験です。
独学でも合格は可能ですが、一発で確実に合格したいのであれば通信教育をおすすめします。

この方法なら空いた時間を利用して簿記に合格できますね
http://www.foresight.jp/boki/