簿記2級の仕事内容

【経理部はもちろんのこと、ビジネス全般に役立つ資格です】

「就職や転職に強い!」といわれている簿記検定。
簿記検定は国家資格ではなく、商工会議所が認定する民間資格ですが、その人気は増加の一途をたどります。今では年間30万人近く(簿記2級)が受験するほどで、受験者数は数ある資格の中でも1位2位を争います。

簿記検定とは

簿記検定(日商簿記)は、1級~4級まであり、履歴書に書いて有効なのは簿記2級以上です。簿記3級や4級は実生活には役立ちますが、仕事に活かせるかというとNGなので、みなさんには簿記2級以上の取得をおすすめします。

ちなみに簿記1級の難易度はとても高く、並みの勉強では合格できません。
公認会計士や税理士を目指すような人が目指す資格なので、一般人がむやみに手を出してはいけませんね。

簿記のお仕事とは

簿記の資格が活かされる仕事といえば、なんといっても経理です。
経理部を希望するのであれば、確実に取得しておかなければならない資格といえます。

経理部の業務としては、経費などの支払い管理、決算書や税金の申告の書類作成、また銀行や税務署などのやりとりなどが中心。
どれも簿記の知識がなければできない仕事といえます。

その他、経理部以外では、直接的に業務として使うことはないのですが、顧客の経営状態が把握できたり、コスト削減などにも簿記の知識は活かされるでしょう。

いまや、社会人にとっては必須の資格であるといえます。
また、主婦の再就職にも簿記の資格は役立ちます。