ファイナンシャルプランナー(FP)の年収

【企業系FP独立系FPともに年収1,000万以上の人も!】

では次に、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得後の年収についてお話しましょう。
ファイナンシャルプランナー(FP)は、企業に勤める「企業系FP」と、独立開業してフリーで働く「独立系FP」に分かれます。

企業系FPの年収

企業系FPは、保険会社、銀行、証券会社などの金融機関に勤務し、自社の製品を販売します。多くの企業では、毎月の給料+歩合制なので、個人の売上成績によって、年収は大きく異なります。

例えば、生命保険会社。保険は結婚や出産など人生のターニングポイントで見直しされるケースが多いので、新規加入や更新の度に手数料として年収に反映されます。

顧客数が多ければ多いほど、もちろん歩合が増えるので、それだけ年収がアップします。保険外交員が年収1,000万を超えることもしばしば。
稼ぐには、個人の営業力と話術にかかっているといってもよいでしょう。

独立系FP

独立系FPの職種は幅広く、個人向けにファイナンシャル・プランニングを行う「FP事務所」や、数社の保険を扱う「保険代理店」、投資信託などの金融商品を扱う「金融商品仲介業」などさまざまです。

主な収入源は、仲介手数料や相談料などで、ライフプランの個人相談であれば、1時間1万が相場といえます。この場合も顧客数=年収ですので、ある程度の人脈がなければ、独立しても意味がありませんし、稼ぐことはできません。

複雑化する年金制度に老後の不安を抱える人が多い現在、ファイナンシャルプランナー(FP)の需要は飛躍的に伸びています。
今後もその傾向が高まっていくと考えられますので、取得して損はない資格といえるでしょう。