ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事内容

【保険や年金など“お金”に関する提案やアドバイスが専門】

みなさんは、ファイナンシャルプランナー(FP)という職業を知っていますか?
最近では、テレビのコメンテータなどで活躍しているファイナンシャルプランナー(FP)もいるので、名前くらいは聞いたことがあると思います。

ファイナンシャルプランナー(FP)の業務

ファイナンシャルプランナー(FP)は、顧客のライフプランを実現するために、お金に関するアドバイスや提案をする仕事。

例えば、「生命保険に入りたい」「マイホームを購入したい」
「老後の生活費が不安」というような事柄について、その目標や夢を実現するために、様々な視点から適切にアドバイスをします。

ファイナンシャルプランナー(FP)が習得している知識は、保険・年金・不動産・相続・税金など。就職先は主に保険会社や銀行、証券会社等の金融機関ですが、ファイナンシャル・プランニング事務所や保険代理店として独立開業している人も多数います。

ファイナンシャルプランナー(FP)は国家資格と民間資格がある!?

答えはイエス。
ファイナンシャルプランナー(FP)の資格は少し複雑で、国家資格である「FP技能士(1級~3級)」と民間資格である「AFP資格、CFP資格」があります。

AFP試験に合格すると、2級FP技能士とAFP資格の2つが同時に取得できますし、その上のCFP資格を取得すると簡単な試験だけで、1級FP技能士の資格が取得できます。

そのため、いまの主流はAFP資格で、2級FP技能士よりもAFP資格を推奨している企業の方が多いのです。ですので、このサイトでは、ファイナンシャルプランナー(FP)を民間資格の中に入れました。

ファイナンシャルプランナー(FP)として、仕事をするのであれば、AFP資格または2級FP技能士以上の資格が必要です。

ちなみに、AFP資格を取得するには、大手の資格スクールや予備校、通信教育が扱っている「AFP認定研修」を受講し、修了しなければなりません。
ですので、AFP資格は独学では取得することはできないのです。

※このサイトで紹介しているファイナンシャルプランナー(FP)は、AFP資格のことです。