社会保険労務士の年収

【企業でも独立開業しても活躍できるのが社会保険労務士!】

社会保険労務士の年収は、仕事形態によって大きく異なります。

企業で働く!勤務社会保険労務士の場合

社会保険労務士として業務をこなしますが、あくまでも会社員なので給料形態は企業によって変わります。
基本的には、毎月の給料+1万~5万の資格手当であると思ってください。

資格手当だけでも1万~5万が付くので、それだけでも大きいですよね。
それに加えて、社会保険労務士は難易度が高いので、資格を取得することによって、人事評価が上がったり、昇格・昇給が見込めるでしょう。

また、社会保険労務士はリストラに合いにくいというメリットがあります。
安定を求めるのであれば、勤務社会保険労務士がベストですね。

独立開業!開業社会保険労務士の場合

事務所(または自宅)を構えて業務をこなします。開業した場合、収入は報酬という形になり、報酬は自分で自由に価格設定ができます。

多くは、中小企業と顧問契約を結び、保険の手続きや給与計算代行、労働規則の作成などを行います。顧問料は従業員の人数によって異なり、だいたい50名だと月額52,500円くらいです。

年収数千万を稼ぐような開業社会保険労務士は、顧問契約を結んでいる企業が30社以上にもなるとか。それだけで、かなりの額になりますよね。
また、顧問契約以外にも助成金の申請や、個人向けには年金相談なども受けます。

開業して成功し、年収数千万を稼いでいるのはほんの一握りですが、営業力と経営力をしっかりと学び、人脈を作り、コツコツと仕事をこなしていけば、誰でも成功できる可能性はありますよ。