社会保険労務士の仕事内容

【企業内でも独立開業もできる!保険・年金・労務のプロ】

社会保険労務士は、保険や年金、労務のエキスパート。
では、具体的な業務を見てみましょう。

社会保険労務士の業務とは

●社会保険や労働保険の手続き代行
社会保険の加入や脱退、更新。
保険給付金の請求の手続き。
各種助成金の申請。
社会保険の算定基礎届。
など。

●人事労務管理のコンサルティング
就業規則の作成や変更。
労働時間や労働条件の作成。
人事関係。
労働関係紛争の防止と解決。
(紛争解決手続き代行業務は、特定社会保険労務士のみ)
など。

●年金相談
年金請求代行手続き。
年金の加入期間、受給資格等の説明。
など。

上記のコンサルティング業務以外の書類作成や提出代行業務は、社会保険労務士の独占業務です。

社会保険労務士は企業でも独立開業してもOK!?

答えはイエス。
企業内であれば、総務部や人事部で上記の業務をこなします。

また、社会保険労務士は士業なので、独立開業することも可能です。
社会保険労務士の2/3は独立開業しています。

社会保険労務士を目指すなら!
http://www.foresight.jp/sharoushi/