行政書士の仕事内容

【行政書士は書類作成のプロ!起業したい人に最適な資格です】

行政書士の仕事は主に書類作成と手続き、代行です。
では、具体的にどのような書類を作成するのでしょうか。

行政書士の業務内容

①行政機関に提出する書類作成と提出代理。
②権利業務や事実証明に関する書類作成と提出代理。
③①と②の相談業務。

「飲食店を開業したい」「農地を駐車場にしたい」「会社を作りたい」というようなときに、どのような書類をどこに提出したらよいのか、一般人にはわからないですよね。

また、「交通事故を解決したい」「遺言書を準備したい」「夫と離婚したい」というような相談も気軽にのってくれて、依頼人に代わり書類を作成し、提出するのが行政書士なのです。
また、行政書士は別名“町の法律家”とも言われています。

行政書士は就職に有利!?

答えはノー。
行政書士の資格を取得しても、就職活動は有利に働きません。
企業に勤めたいのであれば、むしろない方がよいかもしれません。
(行政事務所や法律事務所は別ですが…)

行政書士は独立型資格
例えば、会社員が行政書士の資格を取得して、仕事をするにはまず会社を辞めなければなりません。副業としてできる仕事ではないのです。

「自分は将来起業したい」と考えている人には最適な資格ですね。